テクニアカレッジ ボール盤実習

久しぶりの更新です<(_ _)>

7月から、週一回 株式会社平松製作所様 に、基礎コースを

受講して頂いています。

本日は、ボール盤実習。回転速度による面取り時の面相を

体感して頂き、刃物の材質やその他条件も、多面的に考慮

する事の重要性を学んで頂けたと思います。

ボール盤 カリキュラム(1日間 6~7H)

① 安全作業の説明

② 種類

   (ア) 直立ボール盤・ラジアルボール盤

③ 各部の名称と働き・操作方法

   ・工具の取り付け方

④ 素材を固定する為の工具

   (ア) バイス・クランプ・チャック・ジグ

⑤ ケガキ

   (ア)目的  ケガキのしかたと注意点の説明

   (イ)ケガキを行う道具の種類と使用方法 

⑥ 課題製作

   (ア) 物を作る為の工程・手順の説明

     ・使用する工具の種類の説明

   (イ) 切削条件と計算方法の説明

     ・それぞれの刃物に対しての回転数

   (ウ) 刃物と素材の当て方と0基準の出し方

   (エ) ドリル加工での送るスピードと切粉の関係

   (オ) 素材の厚い・薄い物・穴の貫通・止まりでの作業の注意する部分

   (カ) C面の加工の考え方と作業方法

   (キ) 内径ネジの作業方法

     ・タップ加工での刃物と素材の当て方と0基準の出し方

     ・ハンドルの回すスピード(行きと戻し)

 

  その他、参加者の経験値により拡充

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください